2010年02月07日

一般歳出は0.2%増=10年度地方財政計画案−総務省(時事通信)

 総務省は3日、地方自治体の財政運営指針となる2010年度地方財政計画案をまとめた。地方税の大幅減に伴い、地方全体の歳入・歳出見込み額は前年度比0.5%減の82兆1268億円と2年連続で減る。ただ、疲弊する地域経済の立て直しのため、地方交付税など自由に使える一般財源は0.6%増を確保。歳出でも政策的経費などに充てる一般歳出を0.2%増とした。近く国会に計画を提出する。
 歳入では、景気悪化で地方税が10.2%減の32兆5096億円に落ち込む。交付税は雇用対策や地域活性化策の財源を確保するため、11年ぶりに1兆円以上増やし、6.8%増の16兆8935億円とした。これらを合わせた一般財源総額は59兆4103億円となる。
 歳出のうち、借金返済のための公債費などを除く一般歳出は66兆3289億円。縮減を続ける地方公務員の給与関係費を除くと1.2%増となる。雇用対策をはじめ、子育て・高齢者支援、地域活性化に充てる1兆円規模の特例費を計上した。 

【関連ニュース】
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
二番底回避、効果に疑問=懸念残る1〜3月景気-2次補正成立
2次補正、午後に成立=参院委で可決
地域活性化へ「緑の分権改革」=クリーンエネルギーや農産物活用

鳩山首相、「潔白」信じるのは当然=小沢氏は同志−参院代表質問(時事通信)
<訃報>伊藤鄭爾さん88歳=元工学院大理事長(毎日新聞)
「嵐」松本潤さんが追突事故=雪でスリップか−警視庁(時事通信)
グアムを中旬に視察=普天間検討委(時事通信)
船田前衆院議員が新潮社提訴(産経新聞)
posted by ヒロセ タツヒコ at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。