2010年05月20日

<口蹄疫>対応強化を指示 首相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日午後、口蹄疫(こうていえき)対策に関し、平野博文官房長官と首相公邸で協議した。この日、宮崎県を訪問した平野氏が現地の状況を説明したのに対し、首相は関係各省の政務三役らを現地に常駐させて対応を強化する体制を早期に整備するよう指示した。農林水産省や、家畜の死体処理を自衛隊に要請する関係から防衛省などが対象となる。週明けに正式決定する。

【関連ニュース】
口蹄疫:対策を関係閣僚に要請 平野官房長官
口蹄疫:宮崎の2市町で新たに確認 35例目
口蹄疫:1例目ウイルスはアジア地域と近縁 農水省が確認
口蹄疫:宮崎で12例目 川南町で新たに確認
口蹄疫:11例目疑い 宮崎

三島由紀夫賞 東浩紀さん「クォンタム・ファミリーズ」に(毎日新聞)
民主と連立「今は考えてない」=比例目標は800万票―公明・山口氏(時事通信)
<雑記帳>イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)
騒動のクジャクは計3羽…結婚式場でも一時居候(読売新聞)
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
posted by ヒロセ タツヒコ at 15:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ポリ袋入り遺体、重りはいかり 横浜・鶴見川の女性遺体(産経新聞)

 横浜市鶴見区鶴見中央の鶴見川で10日、袋に入れられた女性の遺体が見つかった事件で、袋に取り付けられていた重りは船のいかりだったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警横浜水上署は身元の確認を急ぐとともに、同日午後、遺体を司法解剖して死因を調べる。

 同署によると、遺体はポリ袋のようなものに入れられ、袋の外側はロープが何重にも巻き付けられていた。いかりは袋の外側に結びつけられていたという。

 遺体の発見時は、袋から顔だけが外部に出ている状態だった。年齢は50歳代とみられ、死後数週間が経過しており腐敗が進んでいた。目立った外傷はなく、着衣はほとんど身に着けていなかった。

【関連記事】
鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工
福岡の女性切断遺体 バラバラにつきまとう“誤算”
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明
利根川の水上バイク事故 女性の遺体発見
車内で見つかった乳児遺体、外因死の疑い

鳥取連続不審死、捜査終結=裁判員裁判で審理へ(時事通信)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
<地震>新潟・下越地方で震度3=午後6時18分(毎日新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)
普天間移設、海汚さず決着=鳩山首相(時事通信)
posted by ヒロセ タツヒコ at 05:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。