2010年03月02日

アフリカノロバ

アフリカノロバ(阿弗利加野驢馬、Equus africanus)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウマ目(奇蹄目)ウマ科ウマ属に分類される奇蹄類。分布かつてはアフリカ大陸北部広域に分布していた。エチオピア東部、ソマリア北部。スーダンに分布する可能性もあり。形態体長200cm。尾長45cm。肩高110-135cm。体重200-250kg。家畜用のウマを除けばウマ科最小種。背面は赤みを帯びた灰色、腹面は白い体毛で覆われる。E. a. africanus ヌビアノロバ肩部に十字状の黒い斑紋が入る。四肢に縞模様が入らない。E. a. somaliensis ソマリノロバ肩部に十字状の黒い斑紋が入らないか、あっても不鮮明。四肢に黒い縞模様が入る。分類Equus africanus africanus Heuglin & Fitzinger, 1866 ヌビアノロバEquus africanus somaliensis Noack, 1884 ソマリノロバ絶滅亜種Equus africanus atlanticus  アトラスノロバ生態サバンナや半砂漠地帯に生息する。単独もしくは10頭前後の小規模な群れを形成し生活する。食性は植物食で、主に草を食べる。繁殖形態は胎生。1回に1頭の幼獣を産む。人間との関係約5000年前にアフリカ大陸北部において本種(亜種アトラスノロバ)を家畜化したものが、現在の家畜のロバの祖先になったとされる。生息地では食用や薬用にされることもある。開発による生息地の破壊や、食用や薬用の乱獲、家畜との競合や野生化したロバとの交雑による遺伝子汚染などにより生息数は激減している。関連項目ウィキメディア・コモンズには、アフリカノロバに関連するマルチメディアがあります。ウィキスピーシーズにアフリカノロバに関する情報があります。ウマ科参考文献今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社、1984年、90頁。今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社、1986年、38-41頁。小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、講談社、2000年、45、155頁。『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館、2002年、81頁。外部リンクCITES homepageAppendices I, II and

抗肥満薬のフェーズ3試験への移行を決定―武田薬品(医療介護CBニュース)
<シー・シェパード>メンバー1人が調査捕鯨船に侵入(毎日新聞)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
【from Editor】純文学は聖域か(産経新聞)
「不当な差別」と朝鮮学校側=無償化除外で会見(時事通信)
posted by ヒロセ タツヒコ at 02:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。